パーティからの帰り・・・

クリスマスパーティを楽しんで、家へ帰るために一度、Cityに行かなければならず。
なぜなら、Brisbaneは毎日、夜行バスを運行しているので、
そのバスに乗って帰るために・・・。電車、ないから・・・。
(Nagoyaと全く違う!その辺りが。すごいよねぇ・・・。)

私が乗るバスが来るまで30分待たなければならず。
ふーっと思い、近くにあったベンチに座った・・・。

見知らぬ若者(私と同じOverseas people)が突然、声をかけてきた・・・。
あん!?と思い、私から『I'm so sorry.I'm DEAF』と。
彼は悲しそうだった・・・。どうやって会話したらいいのか分からなかったようだった。

私は考えた・・・じゃぁ、携帯で会話するか!?と思いついて、
携帯で『Are you waiting BUS?』と。
そしたら彼はニコッとして彼も携帯で私に。

周りから見れば、異常な風景に見えたかもしれない。
けれど、うちらはそんなこと関係なかった。
携帯を使いながらのやりとりを30分。
(Where are you from?とかWhere did you go to your party?とか
Had you a good time?とかたくさん!ちゃんと返事したよ。)

私が乗るバスが来て、彼に『Happy Christmas!』と言ったら
『You,too!!』と。

嬉しかった。こういう会話が出来るの、今まで無かったので、彼の
温かさに感謝。AUSに来て1年半だけど・・・・。見知らぬ人とゆっくり喋ったの、初めて。

彼もDEAFに会うの、初めてで戸惑ったかもしれないけど、
ちゃんと会話できることを知ったから楽しんだようだ。

クリスマスパーティからの帰り、バス停から家まで歩いて10分。
その間に綺麗な月を見ながらHappyな気持ちになりました。
[PR]

by akubi-25 | 2008-12-14 15:23 | Australia&New Zealan  

<< 今年最後のELICOS DSQスポーツ協会主催のクリス... >>