幼児安全法

先回の救急法講座に続いて、幼児安全法講座を受けてきました(^0^)/

乳児と幼児の対応方法が異なることを今回の講座で初めて知りましたね。

大人は八等身だけど、子どもは四等身だから頭がかなり重い。下手したらベランダや浴槽に頭から落ちる…。

AEDも乳児は使えない。体内の機能が未発達だかららしい。心臓マッサージより息を吹き込むが先だそうだ。

ストッキングで包帯代わりになる…。頭の怪我や腕の怪我をした時のために実技をしましたよ。

いろいろ勉強になります!でも、検定があるのはつらい。
[PR]

by akubi-25 | 2009-08-07 21:30 | こあくび雑記  

<< 共通手話 救急法基礎講座と救急法 >>