ガイヘルの仕事。

http://akubi25.exblog.jp/5747006/

久しぶりに過去の日記を読み返してみた。そしたら、その日記が出てきた。 あれから3年。

今度、また行くことになった。しかも、同じ人…Kさんと一緒に。もちろん、帰国してから1度は一緒に行ったけど、相変わらず私を指名してくれる。私がまたオーストラリアに渡ると知っている上で、「Akubiと一緒に行く!長島スーパーランド!」と。来年、帰国したら多分、指名してそう…私を。

なぜ私を指名し続けるのか?その理由は今でも分からないけれど…、彼が何を求めているのか、何を伝えたいのか…。
彼にとって私を、彼のことを理解してくれる人たちの中の一人だと思っているのかもしれない。

それだけではなく、4月から4歳のDEAF Childのガイヘルをさせてもらっている。最近、その子が私に甘えて、だっこーだっこーと要求。私もその子に出会ってから、子どもの視点に合わせて、お互い手話で語り合えるレベルまで上達した。
他のガイヘルさんではだっこ要求、会話があまり少ないと聞いて、驚いた。
今でもその子から「これはなーに?」と面白い答えを私に求めるし、だっこ要求されたときは「はい?」と笑いながら、だっこしている。私を「僕と同じ、耳が聞こえないお姉さん」と見てくれてる。

それもあとちょっと。私に1年も会えなくなることをその子は理解しているのだろうか?それを考えると切なくなる。

一時帰国して、今のバイト先で働いて…、やっぱ、私の『適職』はコレだなーと改めて思った。
[PR]

by akubi-25 | 2009-09-22 14:22 | こあくび雑記  

<< Bestを目指すのではなく、B... SLSA >>