Fraser Island No.2

朝、8時半に出発して、Eli Creekというところへ。
そこは自然にできた川(Scottさんが説明してくれたんですけど、
バスの中だったので何を言ってるのか分からず。)で、泳げるとこ。

さぁ、泳ぐぞ!川の流れに任せてぷかぷかと浮輪で泳いでる子どもの
そばを眺めながら、写真を撮ってました。

その時…

なぜか私の足が痒い。気のせいかな…

出口までまだ80-100メートルあるし大丈夫だろう!と

てくてくてくてく…でも、私の足、熱い…

変だなー…

出口に出て、砂浜に出たら、見事にわたしの足が真っ赤!
腫れてる…あれれれ?今までなかったので、びっくり汗

そばにいたRobbieさんに見せてもらおうと思って、彼に
声をかけ「I don`t understand to happening about my legs!!!!」

彼もびっくりして、「痒い?熱い?すごい腫れだ!!」と。
今まで川の中で歩いて、足が腫れるという人を見たことがなかった
そうで、慌てて、対策を。
ほかのスタッフも焦って、着換えろーとか水で洗って、痒み止めの
クリームを塗るぞとか腕にぶつぶつ、ない?とかアレルギー
持ってない?とか必死に筆談。結局、救急センターがあるところへ
連れていかされました。

Robbieさんが救急センターのスタッフとScottさんとのやりとりを
聞きながら要約筆記&私への質問をひたすら書き続けてくれました。

最後にJOKEでScottさんがDo you have your camera?
えーーーーー!やだやだと言ったら彼が携帯でぱっちりと。
Robbieさんも笑い…。

腫れが収まったのとスタッフたちが応急処置してくれたので、
その結果として…OK。救急センターのスタッフが
「You didn`t swim in water,so you are lucky!」

結局、原因は分からず…。何だろう…。

結局、午後、Indian Headというとこで、海で泳ぐ予定だったのが
パーになり、ツアーの人やスタッフの方が「大丈夫?」と
私を心配し、彼らたちは海で泳ぎ…。うらやましい!!!
ぼけーと砂浜で歩き…海の水にあたったのですが、
問題なかったので、スタッフたちに言うと
「May be, you can swim at other lake tomorrow.
I hope to your legs is okay...」

Coloured Sands、Maheno Wreckというところへ行き、
Scottさんがツアー客たちに説明を。
Maheno Wreckは1935年に砂浜に打ち上げられた船。
ずっとそのままにしていて、残骸が…。
Coloured Sandsは砂の積み重ねで出来た丘。
砂の種類が4,5種類あるんですよ♪
おもしろーい!!地層みたいな感じで、綺麗なラインで出来
上がってる。うわーうわー

大きな砂丘でブーメランで投げたり、レースするぞと言われて
登りながら走ったり(アジア人の中、レースに参加したのは私だけ。)

夜はメキシコ料理だそうで、うきうきw
日本ではなかなか食べれないからね。
たくさん食べて、お喋りしていた時…
突然、Robbieさんが「It return!」と。

言われるまま、立って、くるり。
彼の手で目隠しされ…彼の誘導で…てくてく。

舞台に上がり…
ツアー客たちが「Happy Birthday to you」を歌ってくれました。
しかも私のために大好きなチョコレートケーキの上に
Happy Birthday Akubiと書かれてあって…。

びっくりしてウルウル…。
31になってもまたケーキを頂けるとは…。
(去年は私の大好きな仲間達からアイスチョコレートケーキを
頂きました♪2年連続です!!!!!)

3人のスタッフが「Happy Birthday!」とにこにこ。
実は私が自分の誕生日に1人で過ごす予定と話してたのを
彼らたちは覚えてくれて…。

たくさん食べて、たくさんビールとワインを飲んで…。
しかもChrisさんとFirthaさんのおごりで。

こんな素晴らしい思い出は日本ではなかなかできません。
うふふw
[PR]

by akubi-25 | 2010-04-05 21:30 | Australia&New Zealan  

<< Fraser Island No.3 Fraser Island No.1 >>