Home care of Mental health

11月6日、13日、二日間、講義を受けてきました。

精神障がい者の言葉は大学時代から知っていたけれど、
どのような支援方法、サービスの内容、基本的なルールなどを
知らないまま、講座を受けるまでずっと、独自の支援方法を
してきた。

精神障がいの歴史を学ぶことは大学ではまったく無かったので、
刺激になったし、精神障がい者が安心して地域で暮らすためには
どういったケアプランが必要なのかを学べた。

私はてっきり、身体障がい・知的障がい・精神障がいの中で
一番少ないのは精神障がいだと思っていた。
本当は知的障がいより多いと教えてくれた。
社会復帰できる精神障がいの人がたくさんいるにもかかわらず、
地域での受け皿が少ないことや家族からの支援が非協力的であることなど
原因があって、社会的入院をしている方が多いと初めて
知った…。

今度、1日の実習を受けることになっているので、
精神障がい者専門の地域活動支援センターというとこで
どういった活動をしているか見るのが興味深々♪

今回、学んだことが将来に活かされるといいなーと
思いながら…。
[PR]

by akubi-25 | 2010-11-21 16:48 | こあくび雑記  

<< 21点 65点 >>