耳の聴こえない人の福祉専門職として

NagoyaにはDeaf福祉関連の事業所が二つあり、その中の1つが私の職場。

『特定非営利活動法人つくし』→http://tukusi.org/

小学生から80代までと幅広く耳の聴こえない方が利用されてます。
利用されている方は手話を第一言語として地域で生活したり、
目の見えない&耳の聴こえない方が触手話で情報を与えたり、
教育を受けたことがないDeaf高齢者のために分かりやすい言葉で
伝えながらその方の生活をサポートしたりしながら自分なりの支援工夫をしています♪

耳の聴こえない人として、そして福祉専門職として出来ることは
何か考えながら仕事をしています。
変動制勤務ということもあって、うまく時間と付き合うのが難しいです。
朝、早かったり、夜、遅かったりとすることもしばしばあります。

ヘルパー事業所の責任者になってもう3ヶ月経ちましたが、
まだまだ仕事の量と自分のペースがうまく付き合うことができてなくて、凹みます。
利用者さんにきちんと『安心』と『笑顔』を提供できるように毎日、
がんばってます!!

私が住んでいる街から1時間かけて通勤しているので、周りから私に
「あれ?そこの近くじゃないの?え?1時間も??」とびっくりされます笑

耳の聴こえないヘルパー&福祉専門職として誇りに持って、働いてます!!
その聴こえない世界と聴こえる世界をあちこち行き来している私は幸せだなと。
毎日が新発見なので!!
[PR]

by akubi-25 | 2011-07-17 17:16 | こあくび雑記  

<< 痩せた?やつれた?? 落ち着きました!! >>