Tennisと私~Tennis school~

その四:Tennis school

Tennis schoolに通うようになって、もう1年過ぎたけど、
AUSに渡る前に今、通っているところに2年半通っていた。

最初、通うことを迷っていた時、体験Lessonで決めようかと
思って、チーフコーチにいたKコーチといろいろ話をしてみた。

Kコーチが「今まで聴こえない方が体験Lessonを受けに来たことがある
けど、やはり周りに迷惑をかけるのが辛いから通うことをあきらめますと
言われたことがあります。」と。それを聞いた時、ショックだったね…。

運よく、体験Lessonを受けたクラスに私の知り合いが居たことで
楽しくTennisをやれた。Mちゃんに出会ったときも知り合いが紹介してくれた。

高校生活での経験が生かされているんだと思うよね。
『聴こえても聴こえなくても皆と一緒にTennisをして、笑顔いっぱい!』と
いうことを学んでいたので、Kコーチにそのことを話したら、
喜んで、「そうだね!!」と。

でも…、コーチが変わるたびに読唇術に苦しまされ、
何をしたいのか分からず、打ち方を教えてくれてるのに理解できず、
コーチに申し訳なかったし、ただ、打っているだけでいいのか
悩んだこともあった。

AUSから帰ってきて、もう一度やろうと思ったらKコーチが居なくて、
他のコーチに変わっていた…。

チーフコーチのOコーチは最初、戸惑っていたけど、フロントのNさんが私を
覚えていてくれて、前、いたクラスの方やMちゃんがまだ居たから通うことを
Mちゃんがいるクラスに通うことを認めてくれたっけ。

けれど、やっぱり何を言っているのか分からない!!
クラスの方やMちゃんが気づいて、ゆっくり話してくれた。
それも半年で、仕事の関係でやむ得ず、曜日と時間を変えて、
Gコーチに。
4人ぐらいの専属コーチが居て、その中、読唇術で
分かりやすいのがGコーチだったのと人数が少なかったからというのが
理由だったけど、それでよかったと今でも思う。

分からないことがあるたびにGコーチに何度も
遠慮なく質問したり、身振りで話したり、筆談したりと。
フロントのNさんも助けてくれたりしたっけ。
Gコーチが言っていることが分からず、戸惑ったし、
一度、Lesson中に泣いたことがあって、苦しかった。
Gコーチが頑張って、教えてくれてるのに分からなくて、
ごめんなさいと何度も謝っている自分が悔しかった。

そのことに気づいたかどうか知らないけど、
Gコーチも前よりゆっくり話してくれるようになって、
私の顔を見るたびに「大丈夫??」と。
Gコーチが身振りをしてくれるようになったのは最近!

私も少しずつGコーチに対して心を開いて、笑顔がでるようになったし、
Gコーチやいろんな方と話せるようになってきた。
前はそういうことが出来なかったので、自分でも驚いてるし、
通うことが楽しくなったしね。Gコーチや私が通っているSchoolの方や
クラスの方たちに感謝でいっぱい。

その自信がついたのか、聴こえる人たちと一緒にTennisが出来たら
いいなと思っていた矢先に『らぶてに』♪
体験だけど、のんちゃんに出逢えたし、のんちゃんだけではなく
他の方も出逢えたし。これから『らぶてに』にビジターとして
参加したいなーと。

Tennisを通じて、いろんな方と関わっていきたい。
『皆と楽しくTennisをしようね!!』

本当にTennis、最高よ!Tennis、ばんざーい!!
Tennis Love♪

これからもよろしく!!
[PR]

by akubi-25 | 2011-10-11 21:15 | Tennis  

<< Tennisと私~中学&高校~ Tennisと私~Deaf t... >>