My brissy No.3

日本に帰る日の前日の朝、Jiahが私に言ってくれた言葉。
それを聞いてまた泣いた私。

それは…

「akubi went home in your hometown last time when we were very very sad.
Please come back next time here when you will stay Aussie forever!!」

本当に泣きました。
ありがとう、Jiah!

その後、kathrynがこんなことを言ってくれた。
「Jiahね、akubiが帰った日、すごい暗かった。私も…。
しばらく、ココロの中がぽっかり穴が空いたみたいな…。
でも、akubiはさようならと言わなかった。また会えると言ってくれた。
その言葉を信じてた。今、akubiがここにいる。また会えた。
こんなに嬉しいことはないよ。
辛いことがあったら、また、帰っておいで。ここがあなたの
第2故郷なんだから。私たち、待ってるから。」と。

二人から32になった私の誕生日プレゼントをくれた!
びっくりした…。
それはThe Story Bridgeの壁絵。スーツケースに入らないぐらいの
大きさだった。今、その壁絵は私の部屋に飾ってる。

Australiaを出る日、残念ながらKathrynは仕事の関係で
私を見送りが出来ず、Simonに助けてもらいながら
空港まで送ってくれた。

あの家を出る前にJiahが私に
「中学校で日本語を勉強するんだ。
だから、akubiが戻ってきたら、きちんと話すぜ!
挨拶だけはきちんと覚えるからね!!」と。
ありがたいわー!!

第2故郷の街並みを見ながら…フライトで日本へ。

この10日間holidayはイライラしていた自分を
リフレッシュして、自然に癒された時間だった。
Australiaから帰国して1年半、本当にイライラしてた。
辛いこと、悔しいこと、しんどいこと沢山あって、
何度も帰りたいと思った。
けれど、沢山の友達に再会して、笑顔をたくさん
見れて、ほっとした。

次は多分、Jiahが私の背を超える頃に帰るだろうなぁ。
[PR]

by akubi-25 | 2012-01-30 21:43 | Australia&New Zealan  

<< 今日から・・・ My brissy No.2 >>