Working holiday part.2

Yokoさんから連絡が来た。

私にとってHappyなNewsである。
Working holidayの特権の中に3ヶ月間語学学校へ通えること。
それって、いろんな国から来ている人たちと一緒にstudyしたり
交流したりする機会になるんだよね♪でも・・・という私の不安を察してくれて、
Robさんが働いてる語学学校に相談してくれたという。
その結果、OKを貰ったとのコト。

日本では耳が聞こえないハンデがあると、受け入れが難しいとよく
言われる。必ず泣き寝入りしてしまうことが多いと聞く。
私が専門学校で学びたいことがあって、専門学校に受け入れOKか
質問すると「OKだが、入学した後のサポートは一切ありません。」と言われた。
(その時はすごく悔しかった。)
それでも専門学校に入学して、学業面でのサポートについて交渉しながら
1年通った経験を持っている。最終的にはGoodだった。

逆にAustraliaは・・・どうだろうなぁと。
Australiaの障害者に対する差別はかなり厳しい。
差別問題があると裁判沙汰になるらしい。
初めてAustraliaに滞在した時、視覚障害の人が
学生の時に充分な教育を受けさせてもらえなかったという理由で裁判を
起こしていたというNewspaperで読んだことがある。

その面ですごく心配していたが、OKを貰った以上は安心していいと♪
Rob&Yoko,Thank you very much!!
[PR]

by akubi-25 | 2006-02-08 22:56 | Australia&New Zealan  

<< 誰も理解してくれない 『天職』と『適職』 part.2 >>