Tennis School no.4

いつもお世話になっているコーチ(学生さん)が今日で「さようなら」。

やっとコーチ(学生さん)の話していることが分かるようになってきたのに。
唇の動きを読み取れるようになってきたのに。
やっと少し会話ができるようになってきたのに。びっくりした・・・。

昨年の春、通い始めた時は苦しかった。
コーチが一生懸命話してくれるのに唇の動きを読み取れない自分がいて悔しかった。
何度も「休みたいなぁ」「つまらないなぁ」「何を話してる・・・?」とココロの中で
辛い涙を飲んだ。

そんなときにもう1人のコーチ(学生さん)がゆっくり話してくれたことで何度も助けられた。
コーチ(学生さん)の行動がきっかけでスクールに通っている同じレッスン生が
私にゆっくり話してくれるようになった。
コーチ(学生さん)がレッスン生たち同士でゲームをするとき、
得点を口だけで言うのではなく、手で数字表現してくれたり、
「アウト」「イン」「フォルト」をほとんど手のサインでやってくれたり・・・。

他のところに行ってもそういうことをしてくれるコーチはいないだろう。
コーチ(学生さん)の存在は私にとってすごく救いだった。

コーチ(学生さん)、いろいろ助けてくれてありがとう!
これから【自分の道】を頑張ってね!とココロの中で呟いて・・・。
[PR]

by akubi-25 | 2006-05-24 00:22 | Tennis  

<< 木の下から上を見上げてごらん・・・ 「耳が聞こえないこと」を書いて・・・ >>