Working holiday no.5

先週、職場の上司に来年の6月にWHでAUSへ行くため、
来年の3月まで働くことを伝えた。

結果としては「いってらっしゃい。いろいろ経験をして、
日本に帰ってきて、また来てね。」と。
つまり帰国しても今の仕事に就ける可能性はある。

先日、某呑み会である人に相談した。ある人は「愛知だけではなく
全国あちこちでAUSでのいろいろ経験を発揮するのも 悪くないよ?」と。
また他の人は「今の職場をもっと良くするためには
AUSでいろいろ経験して、帰国して、いろいろ変革したら
いいじゃないか?」と。
帰国後のことをきちんと考えて、WHに行くべきだという意見も既に
前から頂いていた。

福祉分野で資格をきちんと持っていて、働いているDeafのかたはごく稀である。
その重要な役割を持っているDeafを失うのは痛い。
そのあたりは理解していても、やはりAustraliaが好きだから行く!!
それでいいんだよね?

帰国後の就職が保障されているって羨ましいと言われたけど、
甘えちゃっていいのでしょうか?今の職場に。
[PR]

by akubi-25 | 2006-07-22 22:30 | Australia&New Zealan  

<< shizuokaでのTennis合宿 東京ガス&東海OP大会 >>