アデレード旅行記 No.3

やっと着きました!アデレード!
SA州の中で一番大きい都市です。

アデレードに着いて1泊。
さすがにバスでの移動に疲れたのか、すぐに寝ちゃいました。

3日目(1月9日)、ツアーでVictor Harbort(フルリオ半島)へ。
アデレードの中で有名なリゾート地らしいです。
運転手さんにDEAFであることを伝えたら「Okay!See you later!」と
言って、ほかのお客さんとの対応に追われてた…。
まぁ、いいか!

まず、マクラレン・ヴェイルへ。
そこはワインの産地で有名なところで、小さな町で65ぐらいの
ワインナリーがあるそうです。30分ほど休憩。
ほとんどツアー客は友達OR夫婦OR家族連れ。
一人で参加している人、私以外に若い男性が一人。
ふー、どうしようかなと思っていた矢先に運転手さんが
私を手招きして、「一緒にお茶をしましょう!」

はい、運転手さんのおごりでお茶を。
スコーンがおいしかった…。口の中がとろーーんと甘い味が。
運転手さんもアルファベット手話ができるそうで
私にゆっくりやってくれたのは驚いたね…。
How do you know Auslan?と聞いたら
彼の母親が耳がちょっと聞こえないそうです。
だから勉強したとのこと。
英語での筆談で楽しいティタイムになりました。
ごちになりました~♪

アルディンガビーチを経由して目的地である
Victor Harbortに到着。
はい、私が乗りたかったもの…

【ホース・トラム】

馬の路面電車と言ったほうが分かりやすいかな。
本当に乗りたかったので、早速乗りました♪
馬の馬力、凄いわ…。昔、仕事のために初めて
【ホース・トラム】を作った場所だそうです。
AUSの中で唯一の…。
それに乗って、小さな島へ(グラニット島)。その島、
30分から1時間あれば全部周れますね。
360度展望という感じかな。あまりにも海が綺麗で、
ぼーとリラックスできた!目の保養になったねぇ。
ラクダの試乗もやっているし夕方になればペンギン集団が
見れるし…。

昔、鯨を獲って、それを港へ運ぶところがそこだったそうで、
その当時のものが保存されてましたね。
獲った鯨を街へ運んでいた電車が今、お客さんを乗せるための電車として
運行してますが、1日3本しか通ってないそうです。
今、AUSは鯨の捕獲をしてはいけない法律があるので
まったくやってないそうです…。

今回のツアーはのんびりとしたツアーだったので
ちょうどよかったわぁ。それに海をたくさん
見れたし…。自然がたくさん残っているところがあるので
Good!だけど、ショックなことに「Land Sale」がある島を
周ったこと…。なぜ、そこを周ったのか今でも分かりません…。

日差しが強かったから私の背中がひりひりと焼けちゃいました。
運転手さんにお礼としてJapanese Happy Moneyと折り紙の鶴を
プレゼントしました!!
[PR]

by akubi-25 | 2008-01-15 20:14 | Australia&New Zealan  

<< アデレード旅行記 No.4(D... アデレード旅行記 No.2 >>