Vic Deaf教育について

先週、ろう教師の免許を持っている日本人に初めて会いました。
彼女Aさんは私が住んでいる街から
車で10-15分のところにDEAF ユニットみたいなところがある
地域の学校の先生をやってます。

そこで彼女からVICのDEAF教育について話を聞くことができました。
ありがとう!!

今、VICにいるろう教師の免許を持っている先生が200人いるそうです。
でも、いつかはリタイヤするので100人減る可能性があるので
危ういといってました。若い人たちが頑張っているそうです。

メルボルンCityや周辺にいくつかのDEAFユニットがある地域の学校が
あるそうです。教育方法について話を聞いたら
読唇術のみでやっている学校があれば、Auslanのみでやっている学校も
あります。それだけではなく、英語対応手話(日本で言えば日本語
対応手話。)だけという学校もあるそうです。
全部やっているところも…。学校と子どもの親との話し合いとか
決めているそうです。

話を聞いているうちに私が気づいたこと。
Grammarの指導に苦労していること。

それは世界のDEAF教育の課題だろうなぁと。

Aさん、VICのDEAFについていろいろ話をしてくれて
ありがとう。
いい勉強になりました!!
[PR]

by akubi-25 | 2008-02-15 19:09 | Australia&New Zealan  

<< Party in Mel もうすぐ・・・ >>