Auslan Two Course in Bris

昨日からAuslan Twoコースを。
本当は水曜の夜にあるので、それを受けたかったのですが、
夜のほうが定員いっぱいで、受け付けれないと言われ、
他の曜日は無いのか、問い合わせした結果、
「急遽、金曜日の10時からやることに決まったから、来てね♪」と
今週の水曜日にJulieから連絡が。
『行くしかないでしょう!行きますとも!!』と心の中で決心。

実際に行きました。
急遽に決まったためか、受講生がたったの二人w
本当は他に6人居るそう。
Karenというマレーシア出身のHearing女性で、ASLを知っている方。
今、こっちでDEAF Schoolの先生のプログラムを受けているそう。
マレーシアのDEAF関連に関わったことがあるらしく、
マレーシアの手話についてちょっと聞くことが出来た。
これはAUSだから出来ることなんだ!!と感動したねw

マレーシアの手話はASLとマレーシア手話、ちょっと混じって
いるらしい。聾学校では口話が中心だけれど、ちゃんと手話も
教えているみたい。

私も日本のDEAF状況について、簡単に話したら「へぇー。もっと話を
聞きたいなぁ!」と。レッスンが始まる前から和気藹々と
お喋りしちゃいました。

レッスンを受けたとき、先生からDEAF文化について話をしてくれた
のですが、私の感想として…手話で会話するときのルールなど、
世界共通なんだなと。手話だけが異なるだけで…。

Break Timeのとき、ボランティアで来ているドイツのDEAF男性と
話す機会が。彼はMelanie(ドイツのDEAF女性)の同級生で
あることが判明!!
「世の中は狭いのね…。すごい!!」と感動しちゃいました。
お互いいろいろ話すが出来て、Enjoy!!メールアドレス交換も
しましたね。

今回のレッスンはやはり私の英語力が足りないことを実感。
英単語をもっと覚えるべきだと。
あとは疑問文と丁寧文(Would you like~?とかMay I try~など)で
どう表現するのか、もっと勉強したほうがいいと思いましたね。

今度、DEAF Services of QLDでボランティアできるからやってみない?
とKathrynから言われたので、Tryしようと思ってます。
楽しみが増えて、わくわくです♪
[PR]

by akubi-25 | 2008-05-03 20:01 | Australia&New Zealan  

<< コレカラノコト。 Country Rage no.2 >>