Comedyの手話通訳

2度目のComedyをKathrynと一緒に観にいきました。
前日の夜に「行く!」と決まったばかりでチケットが取れるかどうか微妙だったけど、
席があると言うことで、急遽、行くことにw会場に着いたら・・・日本人、誰も居ない!
私だけ・・・。I’m surprised!!

Kathrynたちの手話通訳養成コースの学生の半分が来てました。
本当はTAFEがある日なんだけど、研修プログラムの科目があるらしく、
最低でも6時間以上手話通訳者の通訳場面を見て、レポートを書く必要がある。
なので、今回は特別にお休みにして、その代わりにComedyに絶対、行って、見て
レポートを書く。
それを聞いたとき、日本でも取り入れるべきだなぁと思いましたね・・w

DSQの中でよく、活躍されている手話通訳者が居るんですね。
その方が担当していて【男性(30代)と女性(40代)】、実際に手話通訳を見ながら
Comedyたちの話を聞いてました。
Comedyたちの話はほとんど、エロいJokeが多いので、それをどう表現するか
大変だろうなぁと思いながら・・・。
私はEnglishがまだまだなので、皆が笑ってるのに私は笑えず、「What's happened?」
とキョロキョロと周りを・・・。前よりは読み取れるようになってきたけど、難しいですわ。
でもね、話の内容が読み取れて、笑えたときはすごいHappy!

手話通訳者の男性は表現がうまいけど、女性は苦労しながら必死に表現してました。
恥を捨てるのはかなり勇気が要るだろうけど、女性というプライドがあるから・・・。

日本には「お笑い党」やDEAfのお笑い人がいるけれど、AUSにはDeafのComedyが
いることを聞いたことが無いとKathrynが言ってました。
日本に居るよと話したら、ぜひ観たい!とw

3時間のComedyでしたが、楽しく話を聞くことが出来ました。次は9月末にあるそうです。
興味がある人はぜひ!!
[PR]

by akubi-25 | 2008-06-27 09:39 | Australia&New Zealan  

<< X-rayと手話通訳 馬とフェリー・・・ >>