AUSの健康診断

昨日、健康診断をしてきました。

AUSの健康診断とJPNの健康診断の違い、なんだろうなぁと楽しみにしながら・・・。
まず、健康診断票にたくさんの質問があって、記入。だけど、意味がつかめなくて
また、手話通訳のJasminさんにHelpしてもらいました。
助かりました・・・汗。

Nurseさんが呼ばれるまで、15分待機。私のような人が何人か来ていて、
見るだけでも面白かったし、向こうも手話通訳者&DEAFがいることも
驚いたようでジーっと見てましたね。

Nurseさんが「体重や身長測定をしますね。」
え?長いこと体重をチェックしてなかったので心配!!
おそるおそる・・・体重計に乗り、じーっと・・・。
前と同じぐらいの体重だったので一安心!(だって、毎日、チョコレートを食べてるから)

視力検査もしたのですが、Nurseさんが「あなた、目がいいのね。」と驚き。
前と比べて、ちょっと低下してると思うのですが、車運転に関しては問題ないだろうなと。

またDrが呼ばれるまで15分待機。
JasminさんとJPNのDEAF 福祉とAUSのDEAF 福祉について語り合い。
なかなかそういう機会が無いので、楽しくおしゃべり。

Drが私を呼び、私の身体をチェックして、質疑応答。
そこで呆れたことが・・・。

DrはDEAFについて知識が無く、「手話通訳がないと生活に不便なのでは?」
「どうやって英語を学ぶの?」「誰かのサポートを受けてますよね?」などなど。
Jasminさんの顔が厳しい表情になり、私も(はぁ?)と思いながらDrからの質問に
答えましたね。

最後にDrが私に言われた一言。
「私、DEAFについて知識が無いので、DEAFについてよく知っているDrに聞いて、
話し合って健康診断票に記入します。できあがったら連絡しますので、またもう一回
きて下さい。もちろん、その診断票を取りに。」

はぁぁぁ???ちょっと待ってーーーーーー!!すぐにもらえると聞いてたけど、
そうじゃないの?私がDEAFだから?おかしいよ!!と思いながら、「あ、そーですか。」
と返事。最後に「既にTAFEに学費を払い終えてて、学校が始まるのはあと2週間なので
1週間以内に連絡をくださいね!!」ときつくお願いしました。

終わったあと、手話通訳者も私も「それって、おかしくない?」と話しながら・・・。
もし、今度、取りに行ったとき、ダメだったら訴えることが出来るから大丈夫だよと
手話通訳者が教えてくれました。(方法とかもね。)

今回の出来事で思ったこと。
AUSにいながら、健康診断やVisa申請をし、更に学生として生活する海外の
DEAFがいることは多分、私が初めてだろうと思う・・・。
これからのためにもしっかりしてほしいなぁと実感した一日であった・・・。
[PR]

by akubi-25 | 2008-07-02 14:09 | Australia&New Zealan  

<< ワインとDVD X-rayと手話通訳 >>