Auslan Lesson 自主勉強会

先週の火曜から10回連続のAuslan lessonを受けることに。
自主勉強会で、やる気のある人のみ集まって、2時間のレッスン。
今回のレッスンはFinger Spellのチェック、EnglishからAuslanへどうChange?など
内容が濃いものでした。

先生はAmanda。大学で手話指導をするための資格を得たそう。
Baby Sign.Auslan(AdultとChildren向け両方)など、幅広く、指導している方。

生徒が7人いるので、私にとって質問しやすい環境!
私が今まで間違えていた手話表現を丁寧に指導してくれたので、たすかりました。
はっきりと指摘してくれるので、こっちも勉強になります。
先生が「Akubiは5つの言葉を持ってるから、すごいわ!」と。

時々、私が英単語の意味が分からず、先生に「この単語の意味は?」と聞くと、
先生が他の生徒に「その言葉の意味を説明できる?」と。

なぜ、そのことをしたのか??
手話通訳の役割の一つとして、難しい言葉を伝えてもDEAFの人たちは
その言葉の意味を理解できるとは限らない。なので、分かりやすい言葉に変えて、
相手に伝わるよう、通訳する。
ある意味いいトレーニングになりますよね?

私も3年間、DEAFの人たちをサポートするデイサービス職員として働いて
いたとき、情報を提供するために皆が分かりやすい言葉を伝えるためにどう表現したら
いいのか、いつも考えながら話をしてました。それと全く同じなんですね。

なので、他の生徒が物のイメージを思い浮かびながら、私に説明してくれました。
先生が「Akubiがいるからいいトレーニングになるはずだわ。生徒たちにとって。
もちろん、Englishを学んでいるAkubiもいいトレーニング。お互い様だね!!」と。
[PR]

by akubi-25 | 2008-07-20 14:44 | Australia&New Zealan  

<< Market ミーティング TAFEにて >>