<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

Class party & my level

Hello.Are you enjoying this weekend?I'm having enjoyable at this weekend because I like summer in Australia and I'm going to buy a rice cooker tomorrow!!

昨日、Class partyをSouthbanklandで・・・。
なぜClass party?

テキスト1冊分(Lesson1-12)が全て終えた週なんですね。
昨日を最後に卒業する人がたくさん!!
それだけではなく、新しいコースへ移る学生も・・・。
先生も皆、レベル担当を変わるそうです。

私は来月の1月までにGeneral Englishコースに居るので、まだ続く・・・。
BYOをしましょうということで、私は他の学生がタイ料理と韓国料理を
持ってくるだろうと予測して、さっぱりしたもの(マカロニサラダ)を
作って、持ってきたのですが、大正解~!
皆から大好評を頂いたよ・・・wタイ料理も食べれてHappy!!

Mackというコリアンが昨日を最後に卒業したんですね。
彼は再来週に韓国に帰って、彼女と結婚、外交官になると言ってたなぁ。
私に対して皆と同じように普通に話しかけてくれたし、
手話通訳者さんの立場も考えて、配慮してくれたしね。
彼にありがとうと伝えたら、「Akubiはすごい人。見習わなくてはいけないことがいっぱい
あったよ。」と。他の同じクラスだった学生さんも同じ事を言われた・・・。

昨日がIntermediate-lowの最後レッスンということもあって、
手話通訳者さんの手話と私の手話をまねて
「Excited!(日本の手話だったら「楽しい」と同じ表現をします。)」を
何度もやってた。笑

私は・・・今まで居たIntermediate-low LevelからIntermediate-high Levelへ
移ります。そのレベルは英検2級相当のレベルなので、ついていけるか心配です。
今まで居たレベルのレッスンについていくだけで精一杯でしたので。。。汗

Akubiを上のクラスにレベルアップするからねとIain先生から告げられたとき、
「私、今まで自分のGrammarとReadingを振り返ってみて、やはり今のままがいい。」
と本音を言ったんですが、
「僕が今まで見てきたAkubi。他の学生より情報を得るのがどうしても遅れる。
それでも付いていこうとする。僕は君に新しいことを挑戦して欲しいと思ってる。」と。
なので、Iain先生から私へ新しい挑戦をプレゼントしてくださったことを感謝して、
上のクラスへ移ることを同意。

IELTSとTOEICのテキストを購入して、ReadingとWritingの勉強を
して、日本へ帰国する前に現地でどちらかの試験を受けることを決意。
せっかくレベルアップしたからこそ、Let's go challenge!

来週から今よりもハードに。
不安よりも楽しみが大きいのですが、自分にGood luck!と言い聞かせて
残りの12Weeksを過ごして、来年の2月から始まるTESOLコースを頑張ろうっと!
[PR]

by akubi-25 | 2008-09-27 20:38 | Australia&New Zealan  

Mrs.Heide

HeideさんはSouthBank of TAFEのDisability Support職員です。

彼女はThursdayでその仕事を辞めて、他の学校へ移ることになりました。
今までやってきた仕事の成果を認められ、他の学校で新しく作り上げて欲しいと
依頼があったんだそうです。

彼女にお別れを言うために会いに行きました。もちろん、世界で一つしかない
くず玉(私の手作り)と団扇を渡しました。

私が彼女に言った言葉。

「あなたが私に手話通訳を無料でつくことができるよという返事をもらえなかったら
私はきっと日本に帰っていたかもしれない。他の学校で今よりも辛い思いをしていたかも
しれない。あなたのお陰で今、こうやって学校に通ってるし、手話通訳を
ちゃんと派遣してもらってる・・・。そして、専属手話通訳者さん(Vickiさん)に
会わしてくれてありがとう。あなたの温かいサポートをありがとう!」

彼女もOverseaのDEAFを受け入れることは今まで無かった経験。
その経験があるからこれからもどんなことがあっても、ちゃんと活かすねと
嬉しい言葉を頂きました。

最後に記念撮影。そして、LovelyなHugsを。

ありがとう、Heideさん!!!
[PR]

by akubi-25 | 2008-09-26 14:17 | Australia&New Zealan  

School HoldayとTennis lesson

School Holidayとは全く無関係で、普通に学校に通ってます。

手話通訳さんがSchool Holidayだから無いだろうと思って
普通の家事をしてたらしい。でも、どうしても引っかかる。
手話派遣コーディネーター担当からのメールをもう一回読み返して・・・
『I'm sorry! Akubi!!!!!』

ええ、私、1時間以上手話通訳なしで過ごしてました。
手話通訳者さんが来なくて、Disability Support Staffに連絡を入れたのですが
その方からの返事が無くて・・・。
手話通訳さんが来てすぐ、謝ってくれたのですが、そのとき思ったこと。
OZの人だなーと。

AUSは10週間のSchoolが終えた後、2週間のSchool Holidayがあります。
(クリスマスホリデーのみ6週間、その次のホリデーが1週間。)
これはTas以外、適用されてます。時期は多少1週間ずれこみますが。
TAFEも同様に適用されてるのですが、General Englishコースのみ
School Holidayと無関係です。他の語学学校もそうです。

手話通訳者さんはそれを知らなかったんですね。
今後、気をつけてねと伝えました。
もちろん、私がホリデーを申請したときはちゃんと言うから
大丈夫と伝えましたね。

TAFEから帰るとき、子どもや若い学生?たちが人工海辺で遊んだり、泳いだりして
ました。今日もすごい暑い春。今年の夏はきっと暑いだろうなぁ。
日本と同じように。

これからテニスレッスンです。
楽しみだー!がはははw と思って、行ったら・・・
私が受ける予定だった中上級クラスは私しかいないためキャンセル。
そのことをTELで知らせたらしいけど、私はDEAF。
今日、2回ぐらい電話がかかってきたのは知ってたけど、
私、聞けないし、私のフラットメイトであるキャサリンがケアンズへ旅行中。

申し込みをしたとき、前もって携帯はOnly SMSって書いたのに。。。
通じなかったらEmailするべきなのでは?と言ったんだけど、
Staffは謝りの一言なし。で、他の曜日にするかと聞かれて、
いいよと返事をしたら中級レベルで受けてくださいと。
私、それ、修了しました!と言ったんだけど、通じなくて。。。

なので、明日、もう一回話す予定。もちろん、手話通訳さんのHELPを。
自分のことだし、NRSを使えばいいけど、自分の英語に自信がない汗
今日もちょっと無駄な時間を過ごしたなって。
帰り途中で「ちょっと自分が情けなく感じた・・・一日」と。

明日から気持ちを切り替えて、
また一日Fightしてまいります!
[PR]

by akubi-25 | 2008-09-22 18:58 | Australia&New Zealan  

手話通訳派遣について感じたこと

TAFEに通うようになって2ヶ月。
手話派遣に関してストレス続きで、先週、ちょっとブチ切れw
集中にEnglish勉強をしたくてもできないことがしばしば。

最近のブリスベンは暑い・・・。だからなのか体調を崩してる人がいるんですね。
ついに手話通訳者さんまで体調を崩して、今日来れなかったんです・・・。
代わりの通訳者さんを探すと言っても、見つからず、4時間ずっと手話通訳なし。
クラスメイトや先生がHelpしてくれたとはいえ、限界がある。
手話通訳者さんが急病でこれなくなった場合のために手話通訳者さんを
確保しておくべきでしょう!っていいたくなりましたね。

9月に入って、1週間ほど午後のEnglish集中コースを受けることになったとはいえ、
うまく派遣できてなく、先週、3回のうち、手話通訳がきたのは1回だけ。
最初の日は手話通訳さんが来たらしいけど、部屋の番号が間違っている&
誰もいないからという理由で帰ったらしい。
「おい、探せよDEAF学生を。またはDisability Support Staffに聞けよ!」って
言いたくなりました。
今週はちゃんと派遣されてるので問題なし。

それだけではなく、専属通訳者さんがOffのため代わりを派遣されてるだろうと思ったら
派遣するのを忘れたこと、2回ありましたね。

政府側からDEAF学生のために無料で手話通訳派遣というシステムなんだけど、
いくつか問題が起きるとは・・・。Booking officerとDisability Support officerとの
コミュニケーション問題なのかな・・・と思ってしまいました。

手話通訳があるのとないの、かなり差があります。
先生がGrammarについて重要説明してる時が一番困る。
先生も私に対して気を使ってくれるけど、やっぱしね・・・。

ノートテイクに関して、派遣方法やルールをある程度、知識がある私だから
「おい!ちょっと!!!!」って何度も言いたくなる。
10月のHolidayに入る前にDisability Support Staffに相談しようかなと。
[PR]

by akubi-25 | 2008-09-18 18:38 | Australia&New Zealan  

DEAF Community in AUS

DSQ(DEAF Services of Queensland)へ
「DEAFCommunity」をテーマにした講演を聞きに。
Robert AdemというDEAFが講演してくれました。
彼はロンドンにあるDEAF Schoolで先生として仕事をしたり
メルボルンにあるラ.トロ-ブ大学でDEAFについて勉強したり
Australian DEAFのために活動してます。
今、シドニーで活躍されてるそうです。

「なぜだろう?」
「どうしてないんだろう?」
「そういう人、いないのかなぁ?」

AUSにきたときからずっとそれを考え続けてきた私。その答えがやっとわかりました。

Australian DEAFはネガティブ的な考えを持つ方が多く、
DEAFWorkshopが今、消えかけてるためかDEAFについて正しい理解を
得るための知識が豊富ではないらしい・・・。
(昔はDEAFworkshopがたくさんあったそうです。)

前は大学やTAFEに通えるDEAFが少なかったのに今は増えてる。
けれど、ほとんど聾学校からではなく、DEAF uniがあるHearing Schoolからという
人が多くて、Auslanというものをしっかり身に付いてない人がいるそうです。

だからこそ、今、何を変えて何をするべきなのか、問題提案を出して、
考えてみませんか?と。まさに日本と同じ!

QLDにはDEAF教師はまだいないそう。アシスタントはいるけど、まだまだと
言ってました。
盲ろう者の通訳派遣がない・・・その前に盲ろう通訳の資格を
持っている人がいない。AUSには盲ろう通訳養成講座、ないからね・・・。
(日本には盲ろう者の通訳者がいるんだよとキャサリンに話したらびっくりしてました。)
AUSではなにかのビジネスでDEAFとして社長になった人、いないらしいし・・・。
DEAF Childrenだけの塾とか学童保育とか親の会?、AUSにはないし・・・。
私が7年半活動した全コンと似た学生の活動団体もない。

これからの未来のために今、もっと盛り上げよう!とRobertさんが言ってました。
私が来年、日本に帰国したらもっと活動しなくてはと思いましたね。
有意義のある一日でした。
私も日本で経験したことをAUSのDEAFたちに伝えたらいいなぁと実感しました。
[PR]

by akubi-25 | 2008-09-18 18:37 | Australia&New Zealan  

花火大会

8月30日にブリスベンで花火大会があり、それを見るためにNew FarmにいるDEAFの家へ。
Darrenの家に1ヶ月ほど滞在中のGramenyのBoy2人に初めて会いました。

Darrenと出会ったきっかけはGramenyのMelanieの紹介。
あれから半年。相変わらず彼と彼の友達Shimonと・・・仲良くしてもらってる。
Melanieは既にGremanyに帰国したとBoyたちが言ってた。
「えーもう帰ったの?」と驚いた。
MelanieはどうやらAUSにまた戻りたいと言ってるらしい。
でも、10月から新学期で大学が始まるから、しばらくは我慢!と。
驚いたことにイラクから移住したZとギリシャから移住したR。
2人ともGremanyの国籍を持ってる。
Rは日本の漫画が大好きで、日本のアニメや日本の手話など
いろいろ話をしましたねw

私の仲のいい友人Melanieが来て(彼女は日本語が喋れる&手話通訳者を
目指している素敵な人。)、彼らたちと長くおしゃべりして、花火が始まるよーとDarren。
彼の家から歩いて10分にBrisbane Bridgeが見える公園へ。
Shimonがあれこれ説明してくれるのでどこから見やすいか、場所チェック。
人がいっぱい集まってくるわ・・・。びっくり!

最初、軍隊の飛行機がビューーーーーーンと炎を。
これがスタート合図だそう。

はい、パッかパーンパッカパーン(写真を撮ったのですが、
フィルムカメラなので辛抱を。今度、UPしますね。)すごいのぅ・・・。
Brisbane Bridgeからナイアガラの滝のように花火が・・・。
そういう場面を見るの、初めてだったので興奮しましたw
SouthBankからRiver Sideまで見れる範囲でパッカパーン!!

20分休まずに続けて・・・最後に軍隊の飛行機が。
コレで終わり!という合図。

ほぉ・・・と。思った同時に
「いつ、花火を見たっけ?」と。

そのあと、GremanyのBoyたちに囲まれて記念撮影。
彼らは私よりも5歳以上離れてる。若いわぁ・・・。
若いエキスを頂きました。ありがとう!
そのあと、きっかりとHugしてメールアドレス交換。
彼らが私が日本に帰国したら遊びに行くと。
私がGremanyに行くことになったら泊まりにおいでって言ってくれました。
ありがたや・・・。

Gremanyの友達が一気に増えましたw
えへへへ。Gremanyのつながりが結構強いので、
もしかしたら私の前世はGremanyに住んでいたかもしれませんねw
これからGremanyの勉強をしようかなとw
[PR]

by akubi-25 | 2008-09-13 20:59 | Australia&New Zealan  

Pioneer

今、私が住んでいるStreetの名前が『Pioneer』

その意味を知ってる方、いると思いますが、『草分け、先駆者、パイオニア』なんですね。

キャサリンは将来、手話通訳になって、何かをして、先駆者になりたいそう。
私が「今、やっているじゃないの?w」と言いましたね。
ええ、彼女のお陰でTAFEに通うことが出来たのは、彼女が草分けをしてくれたから。
彼女が今、関心を持っているのはOverseaのDEAFたちがどうやって仕事を見つけるのか、
どうやって学校に行けるのか・・・。

DEAFである上に学生Visa,ワーキングホリデーVisaでは手話通訳派遣を無料で認めて
くれないこと、そして、仕事探しに関して、手話通訳派遣をしてくれないなどを
説明したら、驚いてました。

私は今までずっと、草分けをやってきたので、彼女が「AkubiはAdventurerだね。」と。
私が来年の8月末に日本へ帰国することを彼女は知ってるので、
「帰国して欲しくない。こっちで彼氏を見つけなさい!」とw

私はPioneerという言葉、大好きです。
もちろん、Never say die.もLet's think positive.もね。
[PR]

by akubi-25 | 2008-09-13 20:58 | 『コトバ』  

やっと・・・

「やっと・・・」届きましたよ!!!
何が??ええ、私のVISA GRANT NUMBERですよ。長かった・・・。

それが届く前日、障がい学生サポートディスクの職員であるHeideさんとの
話し合いがあったんですね。彼女曰く
「HSA,何を考えてるのか分からんわ。時間の無駄ですよねぇ。」と。
本当に彼女の言うとおり。彼女は2週間前にまたHSAに連絡してくれたらしい。
そのお陰で先週の金曜日に手紙が届いたわけです。
すぐにImmgに送りましたからね。

で・・・2009年8月30日までAUSに滞在する予定です。
その日に日本へ帰らなければなりません。。。もしかしたらどっかの国か日本の
どっかに立ち寄る可能性はありますがw
来年の9月は丁度デフのオリンピックが台湾でやるので、見に行きたいし。

フラットオーナーであるキャサリンと「来年の冬まで一緒にいられるね。」って話しましたね。
それまであと1年間AUS生活を楽しみます。(>▽<)
[PR]

by akubi-25 | 2008-09-04 14:51 | Australia&New Zealan