<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

メルボルンから帰ってきました!その2

AUS OPに行って思ったこと、昨年と比べて、日本人選手もベテラン選手も頑張ってた。
昨年は長い試合がたくさんあって、体調不良とか怪我で試合棄権というのはなかった。
けれど、今年は逆!

今年のメルボルンの天気、めちゃ異常だわ。
40度を超える気温。
と思ったら、風が強い日があって山火事発生!
と思ったら、涼しくなってた。
と思ったら、蒸し暑かった・・・とコロコロ変わってました。

Happyなことに雨がいきなり降らずに済んだことですねw

メルボルンで出会ったテニス仲間のDEAF友達に再会できたし、
それだけではなく、これから日本へ3年滞在するつもりで準備を
進めているAUSのDEAF女性を紹介され、いろいろ話をすることが出来ましたね。
AUSのDEAF女性が日本に滞在するという話し、聞いた事が無いので
びっくりした・・・。
彼女は日本でアート関連の仕事をしながらあちこち回りたいって言ってました。
彼女にもし、Nagoyaに来ることがあったら、私の仲間(酒話会のメンバーとか。)を
紹介するねって言ったら喜んでましたよ。
彼女から私にAuslanもJSLも両方、できるってすごいじゃん!と感動されましたね。

テニス仲間のDEAFたちから私が日本へ帰ることに対して、
「だめよーだめよー!AUSのDEAF男性と結婚しなさい!」と
言われる始末・・・苦笑。
たくさんJokeを言い合いながらAUS OPの話を。
うほうほw
[PR]

by akubi-25 | 2009-01-29 09:14 | Australia&New Zealan  

メルボルンから帰ってきました!その1

1月18日から27日まで・・・メルボルン滞在!
10日間は結構、実のある時間でした♪
目的はAUS OPENと友人に会うことでした。

18日の朝、めちゃ早いフライトでメルボルンへ。
実は日本から来たテニス仲間のMさんが7時半にメルボルンに着くことになっていたので、
それに合わせたんですね。それはいいんだけど、電車もバスも無いから
タクシーで。片道30分だけで50ドル・・・。高い!!!
(その後、Mさんが食事をおごってもらったので、元は取れたと思うw)

久しぶりにKennewell家へ。5日間、そこに泊まりながらAUS OPENを。
それだけではなく、その家に私のスーツケースをずっと置いたままだったのでそれを
取りに行く目的でしたw(その後、ブリスベンに帰るとき、スーツケースのロック部分が
壊れてしまったので、新しいのを買おうか考え中。涙)
Kennewell家の人たちに1年ぶりに再会できたので、うれしかったなぁ。それだけではなく、
手話が上手くなったねと言われたことがもっと嬉しかった!!

AUS OPENはすごかった!今回はアリーナに入って、試合を見れたのが
素晴らしい思い出♪日本の選手や私の好きな選手も見れたしね。
私のテニス仲間Mさんは私よりもすんごい興奮してて、たくさんのグッズ、
サイン、写真などを。彼の行動を見るだけでも呆れましたけど、彼の気持ち、
分るわ・・・。私もたくさん写真を撮りまくりました。(あとでアップしますね。)
今回の大会のタオル、ちゃんと購入しました!うふふw
[PR]

by akubi-25 | 2009-01-29 09:13 | Australia&New Zealan  

ELICOS修了

6ヶ月間も通ったELICOSを今日で修了しました。
たったの紙切れ一枚・・・修了証・・・すごい意味のあるものだと思ってます。

TAFEが初めてOverseas deaf studentに手話通訳派遣をしてくれたこと、
ELICOSにDEAF学生が学ぶのは有り得ないとELICOSのマネジャーが言われたとき、
私とキャサリンが抗議をし、1ヵ月後に入学を認めてくれたこと、素晴らしい手話通訳者
Vickiさんに会えたこと・・・。いろいろありました。
けれど、最後は残念な結果で、一時帰国を選んだ私。

今日、レッスンが終わったあと、International servicersのSachikoさんと
Disability servicers officerのBrandonさんにお礼を。

私の修了書に書いてあった「Overall attendance 100%」を読んだ彼は
びっくりして「Really!?」と。本当は2回休んだことがあったんですね。
なぜか先生が出席扱いにしてくれたみたいで・・・と言ったら「You are Lucky!」と
笑いました。

彼にもし、私がまたこっちに渡ることになったら、手話通訳を派遣してくれますか?と
聞いたら、「Yes,no problem!」と。彼から「Akubi,きちんとクリアして!
待ってるから。今年中に再会できることを楽しみにしてるよ。」と笑顔で・・・。

手話通訳のVicki、Jo先生・・・私をサポートしてくれてる皆から
今回の一時帰国は休憩するための帰国で、
日本でIELTS5.5クリアして、また渡って欲しいと言われました。
ディプロマ&サティフケートのコースでOversea deaf studentが在学したの、
前例が無いそうです。それを私がクリアしていけば、これからのDEAFが
楽しい学生生活を送れるだろうと思うよって言ってくれました。
それだけではなく、私の夢をサポートしたいと。

6ヶ月間はあっという間。最初はVickiさんも私もしんどかったけれど
最後は素晴らしい関係になっていた私たち。
初めの頃は私のAuslanがどうしてもたどたどしくて、彼女の手話を読み取るだけで
精一杯で、終わったあと、どうしても頭痛になっていた。
彼女も私の言いたいことを理解するのに時間がかかったしELICOSというコースなので
Auslanと英語対応手話、どっちを使ったらいいのか悩んだそう。
帰って、すぐにばたーん・・・という毎日が続いてたと彼女が言ってました。
だけど、最後はね・・・スムーズにできるようになっていた。
最後に起きた私の問題、精神的に押し潰れそうになってて、苦しくて
泣いたとき、彼女が支えてくれた・・・励ましてくれた。

ランチ時間に一緒にBeerで。
彼女が「乾杯はしない。Akubiがまたこっちに渡って、
TESOLコースを卒業したら乾杯する。それまでとっとく!」と。
私からもまた、こっちに渡ってTESOLコースを受けることになったら
手話通訳を指名するからねと約束しました。

私のレベルは最初、ワーキングホリデーで来た時、Elementaryだったのに
最後はUpper intermediate並みのIELTS準備コースで修了。

日本へ帰る前に1週間だけTOEIC集中講座を受ける予定で、
しっかりと勉強して、日本に帰ってすぐにIELTSとTOEICを受けます。
それまでが楽しみです!
[PR]

by akubi-25 | 2009-01-17 09:10 | Australia&New Zealan  

ELICOS修了後の道

今回の日記は書くか書かないか、すごい悩みました。
けれど、現実に起きたことなので、書くことを決めました。
日本で私を応援してくれる皆のために、今後の道をこれから
歩もうとしている自分のために・・・。
最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

今週でELICOS(一般英語コース)修了です。あっという間の6ヶ月でした。
最初、ワーキングホリデーVisaでこっちに来たときは全く英語がダメでした。
最後はUpper-intermediate(中上級)のクラス並のIELTS準備コースに・・・。

その後はTESOLだよねーと思っている方が居ると思いますが、
残念ながらTAFE側のTESOLコースの先生からTESOLコースに
DEAF学生を受け入れるのは無理と先月の初めにあったミーティングで言われました。

そのとき、私はすんごい怒りましたし、ショックを受けました。
なぜかというと、学生Visaを発行してもらうためには、まず学校に入学許可書を得る
必要があるのです。6か月分をELICOS、残り6か月分をTESOLコースと
申し込んだとき、DEAFであることを伝えました。
向こうもそれを分った上で、入学許可書2つを発行してくれ、
学生Visaを得ることが出来たのです。

それだけではなく、私がELICOSに入ったときからIELTSに関する情報
(DEAFに対して・・・。)を教えてもらうよう何度も要望を出したのですが、返事がなく・・・。

ということは・・・残り半年はどうなるのかというと、もしELICOSに通うとしたら
また入学許可書を発行してもらう必要がある上に、私が目標していたものを
TAFEが見事に壊したので、目標の無いまま通うのは意味がないことで
最後までTAFEに抗議し、私からの要望に対して、クリスマスホリデーに入る前に
返事をするといったのに、結局、間に合わず、クリスマスホリデーが終わったあとに
話し合いをしますと言われました。

クリスマスホリデーの間は眠れない、食べれないという日々が続き、暑さもあって、
しんどく、体調を崩してしまいました。(前回の日記でも書いたとおりです・・・。)

先週、話し合いをやりました。TAFEのトップマネージャーたちと・・・。
返事は全く同じでした。

IELTSに関する情報は前、私がお世話になったDisability Servicers officerの
Heideさんがきちんと提供しなかったので、彼女に責任があるのですが、
既に他の所へ移ったので、文句は言えないといわれました。

TESOLの正式名は『Teaching English speaker of other language』
そのコースのプログラムにSpeakingとListeningに関するレッスンがあるのです。
学生が英語で会話するとき、間違いがあったとき、どうやって指導するのかを
学ぶとか英語テープ(CD)で聞き取りレッスン中に、どうしても聞き取れなかった部分を
どうやって生徒に教えるとかいろいろあるのです。

TAFEのトップマネージャーが「DEAFである君はそれができない。」
だったらAuslan(オーストラリア手話)があると伝えたのですが、
AuslanとEnglishは違うと・・・。
WritingとReadingだけを学ぶことは出来る。けれど、修了書を発行できないと・・・。
出来ない部分をカバーして、皆と同じようにTESOLの修了書を貰うことが出来るはず
などなど抗議をしたり日本にいるDEAFがいつか海外留学するときにサポートしたい
など説明したりしたのですが、TESOLのプログラムに沿って、
授業を進めているのだから無理と。

向こうから
①TESOLコースの前払い金額と海外留学生保険の半年分を還す→帰国する
②1月のIELTS試験で5.5以上取れたら、他のコースへ行ってもOK
③今までどおり、ELICOSに通いながら夜間開講のAuslanコースに通う

といった案を出されました。
いろいろ悩んだ挙句、『帰国』を選びました。
私にとってしんどい選択でした。

日本に居るDEAFたちに地域で、Auslanを使いながら英語を教えるといった夢を
持っていたので・・・。
Australian DEAFが日本に来たら通訳として日本の文化などを案内できる・・・。
その夢のためにこの半年間、ELICOSに通ったから・・・。
それではなく、いつか日本のDEAFがAUSのTAFEや大学へ進学したいときや
ワーキングホリデー&観光でAUSのDEAFたちと会話したいとき、Auslanを
日本で学びたい人が居る・・・。

それをキャサリンに話をしました。
私の話が終わったあと、たくさん泣きました。彼女も泣きました。
ジィアーもショックを受け、「寂しい。もっと居て欲しい。」と。

それだけではなく、私がやりたいと思っていたものがメルボルンにある大学と
TAFE一校があることをキャサリンに伝え、今回の帰国は『一時帰国』だから、
また今年の6月か7月にオーストラリアへ戻ると約束しました。
けれど、私がブリスベンで生活することは2度とないこと・・・。
私もキャサリンもそれを受け入れるのに時間がかかりました。(今でもまだ・・・。)

キャサリンが「Akubi,You should never give up!」と。
ええ、諦めません。絶対に。

2月の終わりに日本へ『一時帰国』をします。
そして、6月にまたAUSへ再び渡れるよう・・・。
[PR]

by akubi-25 | 2009-01-11 17:03 | Australia&New Zealan  

Christmas holiday 08/09

I had a relax and funny time that Christmas holiday!

今回のホリデーは充実したホリデーでした。
日本から可愛いBoyが遊びに来てくれて、今までのストレスを
彼とたくさんおしゃべりしたことで、発散できました。
彼が私の話をたくさん聞いてくれたし、御飯を作ってくれたし。
そのとき私は体調を崩していたので迷惑をかけましたが・・・。
本当に感謝でいっぱいでした。

カウントダウン花火を見にSouthbank parklandへ私の友人2人と
一緒に行って、おしゃべりしたり、お正月にKathrynと一緒に山の中にある
ナチュラルな川へ行って、泳いだり(2日間連続で・・・。)ゴールドコーストへ
行ったり、彼1人でサイクリングしながら市内観光を。
その間は私はブリスベン国際大会へテニスを見に行ってましたね。
他にもいろいろあったのですが・・・彼にとってあまりにもリアルすぎたので、
書きません。(彼が読んだら思い出すかもしれないので、あえて、書きませんw)
日本で見たことが無い!というアニメ映画を一緒に見たり・・・のんびりとした
ホリデーでした。

彼が今回のホリデーでたくさん学んだようです。
「ホリデーはホリデー、仕事は仕事って割り切って、生活しながら
毎日を楽しむ・・・。日本ではなんかだらだらとホリデーを過ごしてるという感じがする。」
みたいなことを言ってました。

私もそう思います。日本はココロからのんびりして楽しむというホリデーの過ごし方、
あまり・・・。休みなのに仕事をしてる、家のことをしてる・・・それを見てると
悲しくなります。家のことは平日にやればいいと思うのですが汗。
(誰かが私に時間の問題でムリだと文句を言ってそう・・・。)

彼が初めてのオーストラリア旅行(一人旅は初めて!)で
素敵な想い出ができたとしたら私としてはHappyです。
私も今回のホリデーで彼が来たことで素敵な想い出が出来て
彼に感謝してます。

今日から学校で、ちょっと疲れて、昼寝1時間してしまいました。
明日から本格的に授業が始まります。
残り2週間のELICOSを修了です。
うふふふw
[PR]

by akubi-25 | 2009-01-05 15:00 | Australia&New Zealan